人気のターボライタ−の原理と仕組みについて

ターボライターのガスの入れ方

ターボライターの中に残留ガスがある場合は、なるべく空の状態にしてからライターのガス注入口のネジを外します。ネジのないライターの場合はそのままガスボンベを差し込みます。

そして、ライターのガス注入口を上に向けます。 ガスボンベは差し込む前によく振っておいた方がよいでしょう。ライターのガス注入口にボンベのノズルを垂直に差し込み強く押します。 このとき、ボンベのノズルとライターのガス注入口を正確に合わせることが重要です。ここで、注意点はライターによってはボンベ付属のアダプター、または専用ボンベを使用することが必要な場合があるので説明書、メーカーなどで確認が必要です。入中に液化ガスが注入口から溢れて(噴き出して)きたら注入を止めます。この時点で十分にガスが入った状態になっています。

注入されたかどうかの確認方法は、細いドライバーの先などで、ライターのガス注入口の中心の先端を少し押してガスが噴出すれば、ガスは注入されています。ガス注入直後は、一時的にライター本体の温度が下がり、炎が不安定になったり、着火不良になりがちですが、故障ではありません。

数分経過し、ライター本体が常温に戻れば通常通り着火します。
参考ー社団法人日本喫煙具協会

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。