人気のターボライタ−の原理と仕組みについて

ターボライターの仕組み

ターボライターはいわゆる喫煙用のガスライターの一種であって、点火の便が良いように、横に炎が出るよう工夫されています。

ターボライターの仕組みとなっているのははガスの噴出圧力を利用して強制的に混合気を点火チャンバー内に充填するため、ガスライターではなかなか点火できない強風のなかでもターボライターでは安定して点火、着火ができるようになっています。

また、ターボライターはガスが高温燃焼するために、対象物への着火がスムーズにおこなえるので、一回あたりの燃焼時間が短くて済み、燃焼効率・燃費が良くなり、その結果一回のガスチャージ(補給)で使える回数が多くなるという利点もあります。

しかし、ターボライタはその性質上、炎の温度が高温過ぎて、炎自体も淡く青いために判りにくいとされて敬遠されることも多かった。このため、現在のターボライターでは燃焼チャンバーにタングステン等の金属フィラメントを配して、ガスの燃焼に伴う熱で白熱させて、炎を比較的に眼に見えやすいように工夫がなされるようになってきています。

最近ではさまざまな種類があり、墓地などの風の強い場所でも着火が用意なので、ターボライターがつかわれるよです。

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。