人気のターボライター原理と仕組みについて

ターボライターはガスの噴出圧力を利用して強制的に混合気を点火チャンバー内に充填するため、ガスライターではなかなか点火できない強風のなかでもターボライターでは安定して点火、着火ができるようになっています。ターボライターの仕組みや種類などを詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

その他のターボライター情報

よく内燃式ライターと間違うことがよくありますが、ターボライターと内燃式ライターは一見良く似ていますが、構造は全く違いますね。
一番の違いは、燃焼筒内で着火するかもしくは、燃焼筒外で着火するかです。内燃ライターは筒内でターボライターは筒外になります。使用上で大きく差を感じるのは、上方向から強い風を受けた時は、普通のライターの炎は消えてしまいますが、内燃式ライターは着火レバーを押したままであれば、再度着火して炎が出ます。ですから、耐風性で言うと内燃式ライターの方が少しだけ勝ると言えます。また、これらターボライターの欠点を補うためにフィラメントに、稀少金属である白金(プラチナ)を使用した場合に、触媒効果によって、ブタンガス混合気の発火点は、通常の450〜550℃から190℃へと、かなり落ちる。これにより万が一にも炎が風で吹き消えても、白金フィラメントが十分に加熱されていれば、自然発火に因って再点火し、炎の持続性が格段に向上する事が知られている。この原理を応用した一般のものより高価な触媒ライター(または白金ライター)もある。

ターボライターのガスの入れ方

ターボライターの中に残留ガスがある場合は、なるべく空の状態にしてからライターのガス注入口のネジを外します。ネジのないライターの場合はそのままガスボンベを差し込みます。

そして、ライターのガス注入口を上に向けます。 ガスボンベは差し込む前によく振っておいた方がよいでしょう。ライターのガス注入口にボンベのノズルを垂直に差し込み強く押します。 このとき、ボンベのノズルとライターのガス注入口を正確に合わせることが重要です。ここで、注意点はライターによってはボンベ付属のアダプター、または専用ボンベを使用することが必要な場合があるので説明書、メーカーなどで確認が必要です。入中に液化ガスが注入口から溢れて(噴き出して)きたら注入を止めます。この時点で十分にガスが入った状態になっています。

注入されたかどうかの確認方法は、細いドライバーの先などで、ライターのガス注入口の中心の先端を少し押してガスが噴出すれば、ガスは注入されています。ガス注入直後は、一時的にライター本体の温度が下がり、炎が不安定になったり、着火不良になりがちですが、故障ではありません。

数分経過し、ライター本体が常温に戻れば通常通り着火します。
参考ー社団法人日本喫煙具協会

人気のターボライターの種類

ターボライターはさまざまなメーカーから販売されています。最近では、百円均一商品としても販売されているようです。
ターボライターは一般にはアウトドア店や釣具店、ゴルフ用品店などでも販売されています。

ターボライターの種類にはさまざまなものがあります。アニメのガンダム仕様のターボライターやzakuのターボライターなどもあります。変わったものとしてコルトパイソン357のターボライターもあります。ブランドではウィンドミルのターボライターやジャグラー、zippo、デュポン、ロンソン、ジバンシー、ゼロハリバートンなどからターボライターが発売されています。

車メーカーのBMWから発売されているターボライターはオークションでも高値で取り引きされているぐらい人気でがあるようです。その他、タバコメーカーからマイルドセブンのターボライターやマールボロ、kentなどのターボライターもあります。ガソリンスタンドのessoのターボライターやコンビニのローンソンのターボライター、また中日ドラゴンズのターボライターも人気があるようです。

ターボライターの仕組み

ターボライターはいわゆる喫煙用のガスライターの一種であって、点火の便が良いように、横に炎が出るよう工夫されています。

ターボライターの仕組みとなっているのははガスの噴出圧力を利用して強制的に混合気を点火チャンバー内に充填するため、ガスライターではなかなか点火できない強風のなかでもターボライターでは安定して点火、着火ができるようになっています。

また、ターボライターはガスが高温燃焼するために、対象物への着火がスムーズにおこなえるので、一回あたりの燃焼時間が短くて済み、燃焼効率・燃費が良くなり、その結果一回のガスチャージ(補給)で使える回数が多くなるという利点もあります。

しかし、ターボライタはその性質上、炎の温度が高温過ぎて、炎自体も淡く青いために判りにくいとされて敬遠されることも多かった。このため、現在のターボライターでは燃焼チャンバーにタングステン等の金属フィラメントを配して、ガスの燃焼に伴う熱で白熱させて、炎を比較的に眼に見えやすいように工夫がなされるようになってきています。

最近ではさまざまな種類があり、墓地などの風の強い場所でも着火が用意なので、ターボライターがつかわれるよです。

ターボライタ−について

ターボライターはガスライターの一種ですが、強風でも火が消えにくいという点、着火点が高温であるので火が対象物につきやすく経済的などの理由で様々な場所でターボライターは愛用されています。海水浴、クルージングや山登り、冬山の登山などでも、そのパフォーマンスの高さからターボライターは重宝され愛用されています。

また、ターボライターはブランドメーカーからも数多く出されており、機能面だけでなく、そのフォルムの美しさから喫煙者だけでなくタバコを吸わない一般のコレクターの間でも人気を集めているようですね。
代表的なものには、ウィンドミル、ロンソン、ジッポ、デュポン、などがあり、車メーカーのBMWからだされているターボライターなどは、希少価値が付いて、オークションなどで高値で取り引きされている時もあるようです。本体の曲線の美しさは喫煙家でなくてもついつい見とれてしまいますね。このような、オシャレなブランドメーカーのからターボライターは贈り物やプレゼントにもよく用いられております。女性から男性へはもちろんのこと、お世話になった恩人にもちょっと普通とは変わった贈り物としてウィンドミルやロンソンなどのターボライターを贈ると、喫煙家であれば喜ばれるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。